あこがれのギリシャ風景。家にいても心は旅気分!


by salasa_ohkura

寒波でもギリシャは青空

e0171285_1152038.jpg


強い寒波の到来でヨーロッパでも多くの被害が出ているとニュースで報道されていました。豪雪に難儀されている方々に心からお見舞い申し上げます。

昨日、友人とウェブカメラで話したところ、部屋には明るい光がさしこんでいます。「お天気はどうなの?ヨーロッパもイタリアあたりまで雪で大変みたいだけど・・」と聞くと、「except for Greece ! 」という返事でした。(北部や山岳地帯にはそれなりに雪もあるようですが。)

やはり光に恵まれた土地なのだなと思います。
 
勿論、ギリシャにも冬があります。私が滞在を始めた4月初旬、まだ暖房が必要なくらいの寒さにビックリしました。復活祭(4月半ばから5月初旬くらいの時期)が終わるくらいまでは雨も多く、肌寒いのです。初春がこんな感じですから、冬は寒いです。冷え込んだ日は雨が雪に変わることもあるし、アテネの街から遠望できる山はうっすらと雪化粧をしていました。そんな冬景色もこれからお届けしますが、今日は1月に行ったエーゲ海に浮かぶ島ナクソスの風景を。

厳しい冬の間も雲がきれて太陽が顔をのぞかせれば、これぞギリシャ!という青空を背景に光で風景が輝きだします。
それがギリシャの冬の特徴でしょう。
「イリオセラピア・太陽の癒し」という言葉があります。まさにその通り、季節を問わず癒しをもらっていました。


ランキング参加中。応援よろしくお願いしますね!人気ブログランキングへ
[PR]
by salasa_ohkura | 2010-01-13 14:35 | ギリシャの島