あこがれのギリシャ風景。家にいても心は旅気分!


by salasa_ohkura

島でウニを食べる

e0171285_17142312.jpg

春の島。ここはアテネから日帰り旅ができるエギナ島です。
港の近くの市場でウニを発見。3月のことでした。
ギリシャでウニを見たのは初めてです。
友人の話では春の食べものだということ。

いい香りに誘われていくと、市場に隣接したプサロタベルナ(海鮮レストラン)。
「タベルナ」はギリシャ語でレストラン。庶民的な食堂という感じです。
店頭でタコの炭火焼きをして、ウニも並んでいます。さぁ、食べよう!
e0171285_1552649.jpg
タベルナは週末を島で過ごすギリシャの人達で一杯。
まだコートが必要な時期なのに狭い道路にテーブルを広げてあり、にぎわっています。

ウニ、炭火焼きのタコ、エビとイカのフライ、グリークサラダを注文。飲み物はギリシャの白ワイン。
さて、肝心のウニ。半分に割った形で殻ごと出てきます。スプーンですくって食べました。
お味の方、ちょっとウニの香りが薄くて水っぽい。
日本の濃厚なウニとは違い、もっと海の味に近いです。

春の太陽を感じながら大きな声でしゃべって、食べて、飲んで。
時間を気にして食事をする人なんて、誰もいません。
店の人も陽気で、気軽に声をかけてくれます。
皆、とても楽しそうで、この空間を一緒に過ごすだけで幸せになります。



ご訪問ありがとうございます。参加中のランキング、応援一つお願いしますね。人気ブログランキングへ
[PR]
by salasa_ohkura | 2010-04-19 08:00 | ギリシャ料理