あこがれのギリシャ風景。家にいても心は旅気分!


by salasa_ohkura

羊の丸焼きで祝う復活祭

e0171285_13515637.jpg

ギリシャの復活祭。
どこの家でもこんな風に羊を丸焼きにします。
神への生贄という意味があるそうです。
友人宅は庭で。マンション住まい(多いです)の場合は広いベランダで。
商店が住まいになっている人は店の前で。
ギリシャでは一年の半分の食事を外でとる習慣があるので、
どこの家のベランダも庭も広く、テーブルと椅子が置いてあるんです。
e0171285_20391186.jpg
天気の安定しなかった季節は復活祭を境に春欄間へ。ギリシャらしい太陽の光が燦々。待ちに待った「戸外で食事をとる」最初の日だったりします。
写真のように木陰にしつらえたテーブルには、ギリシャ風サラダ、ほうれん草のパイ、ブドウの葉でごはんを包んだもの・・など伝統的な家庭料理が並び、おいしいワインとともに羊の焼けるのを待っています。

復活祭までの肉や魚、乳製品を断つという節制期間は、冬ということもありますが暮らし全体が静かな感じです。ましてキリスト受難の金曜、土曜は喪に服す日でひっそり。
その沈黙を破るように一気に賑やかになり、陽気なギリシャ音楽があちこちから流れ、人々の笑い声や話し声が聞こえ、羊を焼く煙と香りが一杯。

暮らし始めてすぐに来た復活祭、街を散歩していると
色々な人が「エラ!(おいで)」と声をかけてくれました。
「フロニァ・ポラ(おめでとう!)」と慣れないギリシャ語で挨拶をすると
満面の笑顔で握手、焼いている羊を味見させてくれたり、
復活祭のクッキーを包んでくれたり、ワインを飲ませてくれたり・・・。
何てあたたかい人達なんだろう!すごく素敵な国に来たんだな、と
実感したことを懐かしく思い出します。


ご訪問ありがとうございます!参加中のランキングにクリック一つよろしくお願いしますね。人気ブログランキングへ
[PR]
by salasa_ohkura | 2010-04-13 17:38 | 行事