あこがれのギリシャ風景。家にいても心は旅気分!


by salasa_ohkura

野の花リースとギリシャ的休日

e0171285_12444924.jpg

ギリシャの5月1日はプロトマイヤと呼ばれ、
家族や友人達と自然の中で一日を過ごし
花を摘んでリースを作る日とされています。
そのリースは家族の健康や幸せを願うもの。
できあがったものを持ち帰って門やバルコニーに飾る家もあります。
写真のように大地に野の花が咲くこの時期ならではのイベントなんです。
日本ではまったく知られていませんが、どこへ行っても本当に花がきれい。
野の花リースは春の休日の象徴です。
e0171285_13294037.jpg
さて、ギリシャの休日。
ギリシャ正教で日曜は安息日ですから、スーパーも商店も全て閉まっています。
(観光地のお土産店は開いています。)
日本では日曜日に繁華街に出たり、大型スーパーやショッピングモールなどに出かけて買い物をして過ごすことが多いため、住み始めた頃は少し戸惑いました。また、商業施設や映画館など遊ぶ選択肢が少ない。首都アテネの街に高層ビルさえないことは以前、お話したとおりです。

ギリシャの友人ができて、彼らの休日の過ごし方を知ると日本とは全く異なるものでした。
海に行って散歩し、魚料理を満喫し、カフェでおしゃべり。
山に行って花を楽しみ、山の料理に舌鼓をうったり、バーベキューをしたり。
以前、ご紹介したようにギリシャのタベルナ(レストラン)は気取ったところがない
庶民の食堂。値段も安く、雨さえ降っていなかったら舗道にまでテーブルを広げて
太陽と海や山の香りを感じながらの食事。
そこには家族や友人が必ずいて、にぎやかです。

とてもシンプルで、ナチュラル。
「お金や物」から離れたところで心身共にリラックスしていることがわかりました。
私のギリシャでの休日は彼らと一緒に過ごすことも多くなり、すぐにこのスタイルに。
外国の友達も気軽に仲間にいれてくれる優しい人達。
自然の中でゆっくりと時間が過ぎていきます。
世界中の物が集まり、遊ぶ施設に事欠かない贅沢な日本の休日よりも
安らぎや豊かさを感じていました。


ご訪問ありがとうございます。ランキングの応援どうぞよろしく!人気ブログランキングへ
[PR]
by salasa_ohkura | 2010-05-02 22:37 | ギリシャの暮らし