あこがれのギリシャ風景。家にいても心は旅気分!


by salasa_ohkura

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0171285_1661391.jpg


サントリーニ島を思い出す青と白の建物はタベルナ(レストラン)です。ちょうどブーゲンビリアが満開で、いかにもギリシャという風景。
入口には「スブラキ」と書いてあります。

e0171285_23415697.jpg
スブラキは豚肉や鶏肉を一口大に切って串焼きにしたもので、とてもポピュラーなギリシャ料理。
美味しい塩とリガニをふってシンプルに炭火焼。
ギリシャ料理に度々登場するハーブ・リガニはオレガノのこと。
サラダや焼いたパンの香り付けにも使います。
そして焼きたてのスブラキ、仕上げにはレモンをギュッとしぼって・・・。
熱々、ジューシー。冷えた白ワインにピッタリです。

日本に戻ってバーベキューをした時に豚の肩ロース塊を一口大に切って串にさし、ギリシャの塩とリガニをふって焼いてみました。
焼き上がりにレモンをかけてかぶりつくと・・・懐かしい味!
日本でもスブラキが食べられる!と、バーベキュー以外でも時々、魚焼のロースターを使って作っています。
ギリシャの味が恋しくてたまらない・・そんな時は自分で作るのが一番なんです。
先日はイワシのオーブン焼きを作りました。またご紹介しますね。


ランキング参加中。応援よろしくお願いします!人気ブログランキングへ
[PR]
by salasa_ohkura | 2009-08-23 16:07 | ギリシャ料理

満月の夜は遺跡で。

e0171285_1743814.jpg


バカンスから戻ってきた友人とまた楽しいおしゃべりが再開しました。
先週の話題の中から一つご紹介します。

ギリシャでは8月の満月の夜に遺跡をオープン、
神殿と月を楽しむことができるそう。
友人は昨年パルテノンを訪ねていました。

今年は8月6日が満月。
スニオン岬のポセイドン神殿に行くと聞いていましたが、
当日、近くでコンサートのイベントがあり、道路など
かなりの混雑が予想されると聞いて断念したそうです。

8月の旅行で満月の日に滞在することができる方は是非、夜の遺跡を訪ねてくださいね。

さて、写真がそのポセイドン神殿。
海に突き出た岬の先端に立ち、アテネから1時間半ほどで訪ねられる夕陽の
スポットとして人気があります。

ここを訪ねる時はたっぷりと時間を用意してくださいね。
夕暮れよりも早く訪ねて青い大海原と空を背景にした神殿に出会い、
カフェでひとやすみ。
それからまた岬へ出て刻々と変わる空の色を眺め、
また時間を経て輝く大理石の白い柱が夕陽に染まり、
闇にのみこまれていくまで・・・ゆっくり過ごす時間は至福です。

ただ、夕陽が落ちると係員が笛をピーピー吹いて追い出しにかかるので
余韻にひたる暇がないのがちょっと残念(笑)。


ランキング参加中。応援どうぞよろしく!人気ブログランキングへ
[PR]
by salasa_ohkura | 2009-08-14 22:30 | 行事

ギリシャの黄桃、発見!

e0171285_1814351.jpg


暑い夏。喉ごしの良いデザートが恋しいですね。
私はよく杏仁豆腐を作ります。

アーモンドエッセンスで香りづけした牛乳寒天の他に用意する果物の缶詰。
最も多く流通しているのが中国やタイの果物ですが、
先日、何と「原産国ギリシャ」と書いてある黄桃を発見したのです。
e0171285_1538858.jpg
売場で「わぁ~ギリシャの黄桃!」と叫び、棚にあったものを全部購入。
マルハの缶詰です。嬉しい買い物になりました。

一口大に切ってはつまみ食いをしながら、ギリシャを思い出します。
この季節、青空市場には黄桃はじめネクタリン、杏、洋梨、スイカ、メロンと様々な種類の果物が並んでいました。どれも驚くほど安価。

太陽の恵みで熟した果実は甘く、みずみずしい。
そしてギリシャの光のせいか、果物の色彩が冴えて美しく
食べる前には写真のように籠に入れて写真を撮ったり、絵を描いたり・・。目でも楽しみました。

どこかの島の砂浜。
ペーパーバックの本を読みながらネクタリンをかじっている女性がいました。
砂浜にできた松の深い陰影の下に、
ネクタリンの黄・赤、オレンジを重ねたような色がくっきり。
青だけの海と空。波の音・・。
缶詰からそんな記憶まで呼び覚まされました。


ランキング参加中。応援よろしくお願いしますね。人気ブログランキングへ
暑い夏、皆様どうぞご自愛ください。
[PR]
by salasa_ohkura | 2009-08-06 17:23 | その他